注目

宝塚歌劇は、面白い!

宝塚歌劇団は、最近気になる団体であり人気があります。女性だけが演じる、華やかな世界、歴史が古いなど魅力が付きません。存在する場所が、地元の兵庫県であり宝塚市です。

宝塚市は、高級な住宅地と言われ繁華街などはありません。しかし、駅を中心に宝塚歌劇に関する店がいっぱいあり街のシンボルになります。そんな劇団は、現在、5組あり宝塚と東京の劇場を交代制で作品を披露しています。

日本物や洋物から演出家オリジナルまで、いろんな作品を舞台にしています。個人的に好きな作品は、やはりベルサイユのばらです。通称ベルばらは、昭和49年に初めて宝塚歌劇が舞台化した大ヒット作品になります。

外国の歴史を漫画にした原作者はもちろん、舞台にした宝塚歌劇も凄いです。何十年経過した今も、ベルばらの人気は不動になります。豪華なセット、衣装は、観覧した人なら感動する事間違いないです。

宝塚のベルばら公演は、ミュージカルも良いですが、2部のレビューショーも感動します。軍隊服を着た若い女性たちが、大階段から降りて来て演技をするシーンは学校の体育のようです。

また、公演の最後に行うパレードは、ベルばらの醍醐味が収縮されたようになります。宝塚歌劇は、今漫画を作品として公演する事が増えています。時代の流れもあり、人気の漫画は懐かしいと思うファンも多いようです。

100年を超えた宝塚歌劇団は、今後どんな作品を世に出すのか、進化していくのか楽しみになり目が離せません。

貯金して医療レーザー脱毛に通うぞ!

子供の頃から毛深く、幼い頃はそれが当たり前だと思っていました。

ですが、物心が付く頃には「自分は他の女の子と違うのでは?」と思い始め、今ではコンプレックスの1つとなりました。

小学生の頃にダンス系の習い事を始めたのですが、練習のときは膝や肘が曲がっていないかがわかるように半そで・短パンスタイルにならなければならず、自分と他の友達との違いをまざまざと感じた瞬間でもありました。

また、小さい子供は悪気なく思ったことを発するので、毛深いことをストレートに指摘され悲しくなったこともありました。

子供の頃はかみそりを使うわけにもいかず、はさみでちょきちょきと1人こっそり切っていたなぁと思い出しました。

今、大人になりかみそりや脱毛器を使用し処理をすることはできますが、やはり人より毛深いのですぐに伸びてきてしまうので、旅行のときなどは本当に気を使います。

エステや美容クリニックの光脱毛やレーザー、医療脱毛にも興味があり、調べることもよくありますが、金額を見て躊躇、諦めるの繰り返しです。

腕や足が毛深いと、まず処理に時間が掛かってしまうこと、処理中に傷を作ってしまうことが1つ目の悩みです。

かみそりを使用することが多いので、学生時代の慣れていなかったときは特に切り傷のようなものを作ってしまうことが多かったです。

洋服を選ぶことも悩みの1つです。

腕や脚の出るファッション、半袖・ノースリーブ・ショートパンツ・スカートなど、夏場でも着ることはかなり少ないです。

前日に処理しても次の日にはぷつぷつと生えてきてしまうので、素足で出歩くことはほぼないです。

もう少し毛が薄ければ大好きなファッションももっと素直に楽しめたのに・・・と思ってしまいます。

上にも書きましたが旅行時にも勿論悩みます。

数泊の旅行となると、旅行前日に処理したのではすぐ伸びてきてしまうのでは?かみそりも持っていこうかな・・・と持ち物にかなり悩みます。

脱毛器を使用して1ヶ月近く前から徐々に脱毛し、準備することもあるので、やっぱりお金と時間がかかるのは結構な痛手だなと思います。

他にも恋人が出来たときのお泊り時、彼にどう思われるか不安だったり、彼と一緒に過ごせることを素直に楽しみたいのにそう出来ない自分にもやもやしてしまったり・・・

本当に勿体無い時間を過ごしてるなって改めて思います。

お金と時間が人より余分に掛かる事、悩んでしまい色々なことを素直に楽しめないことなどマイナスなことばかり頭に浮かんでしまいますが、毛深いからこそ同じような人の悩みも自分の中で理解し共有できると思って、もう少し前向きに捉えられたら・・・と思います。

今は脱毛に通えるように貯金に励んでいるところです!できれば威力が強いと言われている医療脱毛に通いたいと思っています。職場のある新宿の。このサイト≪レーザー脱毛新宿≫を参考にして、通いたいクリニックはきめてあるので、あとは貯金を頑張るだけなのです!